CORESERVER API

VALUE-DOMAIN CoreServer API secret key error limit over

Value Domain のCoreServer APIを使うと管理画面以外から様々なサーバー操作が可能になる。

DBのバックアップ等は管理画面にログオンしてから操作を行うよりも直接APIを使って行うことができれば便利だ。

ということでAPIを使ってみたところ、思わぬ仕様が存在した。

アカウントとアクセスキーの対応を間違えて何回か依頼を行うとロックされ以後のリクエストは全てエラーになる。

ちなみにAPIマニュアルには書いてない。

サポートフォーラムなどには話題が上がっているかもしれない。

以下はその時のエラーメツセージ。

status_code:500 error_code: 100014 error_target: secret key error limit over message: undefined

IPアドレスでロックがかかるらしく、依頼元のIPが異なれば処理は正常終了する。

動的にIPが変わる環境なら時間が解決してくれるかもしれないがあいにく固定IPのためサポートに連絡して解除していただいた。

APIをテストする場合は注意する必要がある。

カテゴリー : JavaScript, ブログ.