windows10

Microsoft Edge をループバック除外リストに登録する

Windows10のmicrosoft Edgeはローカルホストにアクセスする際にアドレスの指定方法によってはアクセスできない場合があります。
アドレスの指定方法は以下の4パターンがあります。
1. localhost
2. 127.0.0.1
3.  ローカルpcのIPアドレス
4.  ローカルpcのドメイン名

この時4のローカルpcのドメイン名指定を行うとEdgeの規定値ではアクセスできません。
Edgeの規定値は以下になります。

(アドレス欄にabout:flagsと入力)

ちなみにこのチェックを外すと1、2、3のケースもアクセスできません。

この文章にある「一部のカスタムホストファイルマッピング」がケース4に該当するということになります。

それではこのケース4を可能とするにはどうするか。。。

「よくある質問」をクリックすると以下の画面が表示されるので

「How can I debug localhost?」をクリック。
以下の様に説明が表示され、赤枠のコマンドを実行せよとの事。

CheckNetIsolation LoopbackExempt -a -n="Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe"

上記コマンドをコマンドプロンプトかPowerShellで実行。

このコマンドで「Microsoft Edge をループバック除外リストに登録する」という状態になります。

これでケース4の指定でアクセスできるようになります。

カテゴリー : Windows10, ブログ.