wordmove

WordMove 5.0.2 インストール on WSL

wordmoveがバージョンが 5にアップデートされていたので、さっそくWSL(ubuntu 18.04)にインストールしてみることにしました。

git-hubサイトで確認するとruby 2.6.5 以上が必要とのこと。

WSLにはwordmove 4のインストール時にrbenvを導入したので、引き続きrbenvを使ってruby 2.6.5をインストールします。

# rbenv install 2.6.5

すると以下のエラーが発生。ruby-buildをupgradeしないとruby 2.6.5はインストールできないようです。

ruby-build: definition not found: 2.6.5

See all available versions with `rbenv install --list'.

If the version you need is missing, try upgrading ruby-build:

...

ruby-buildをupgradeします。

# cd /home/ohata/.rbenv/plugins
# cd ruby-build
# git pull

ruby 2.6.5をインストールします。

# rbenv install 2.6.5
Downloading ruby-2.6.5.tar.bz2...
  -> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.5.tar.bz2
  Installing ruby-2.6.5...
  Installed ruby-2.6.5 to /home/ohata/.rbenv/versions/2.6.5

実はこのインストール、とても時間がかかりました。30分くらいでしょうか。完了したらVersionを切り替えてrubyのインストールは終了です。

# rbenv global 2.6.5
# rbenv version
  2.6.5 (set by /home/ohata/.rbenv/version)

wordmove 5 をインストールします。

# gem install wordmove

最後にwordmoveのバージョンを確認して終了です。

# wordmove -v
  5.0.2

最後まで読んで頂きありがとうございます。

カテゴリー : Windows10, WordPress.